今日は、に見学してきた野口雨情記念館などでの取材をもとにした記事です。

( パーツ ) シマノ 20 バルケッタ F カスタム 151 ( 左 ) *105 スプール組

ここで、二人の交流についてまとめてみたいと思います。



↑ 野口雨情が生まれた建物です。

現在、野口雨情生家・資料館として一部公開されています。




↑ 海岸沿いを走る国道6号線に面してます。



↑ 門をくぐって中に入ると・・・



↑ 中は資料館になっています。

の巨大地震の津波は国道を越え、生家は床上浸水したものの、
資料館の方は床下浸水で済んだので、貴重な資料は守られたとのことです。

生家の瓦は地震の揺れで崩れてしまい、現在修復工事中でした。



↑ こちらは、生家の近くにある野口雨情記念館です。

人が近づくと童謡「シャボン玉」のメロディが流れ、シャボン玉が舞い上がります。

今回この中で、権藤円立先生と野口雨情の写真を見ることができました。

野口雨情は、1882(明治15)年磯原(北茨城市)で野口家の長男として生まれました。
[本/雑誌]/湯浅泰雄全集 第17巻/湯浅泰雄/著(文庫)
その伯父をたより、15歳の時に上京、東京の学校で学びました。
ダイワ(DAIWA) 石鯛竿 幻覇王 弓剣 494 手持ち 釣り竿

時代の変遷により家業は傾くものの、新しい事業に取り組んだり詩作が認められるようになり、編集などに携わるようになりました。

京焼 清水焼 抹茶碗 (紐付木箱入) 如山窯 仁清鶴松竹梅 TJN435

TOOLS(ツールス) デッキパッド Black Length:305mmWidth:290mm DB2
東京ベル 森の鈴(BEAR BELL) 消音機能付 TB-K1 パールブルー

藤井清水の勧めで東京に活動拠点を移し、1924年には雨情の媒酌により花代と結婚しました。
東京音楽学校時代からの親友である藤井清水(作曲家)も大正15年には吉祥寺に転居して、
藤井清水の伴奏で権藤円立が歌い野口雨情が講演をする演奏旅行は全国に及び、
「楽浪園の三羽烏」と呼ばれたそうです。

植民地の問題
同年7月に三宝御和讃、無常御和讃を作曲、梅花流顧問に委嘱され、その後も次々と梅花流の曲を作曲され梅花流のその後の発展に大きな功績を残しました。



↑ 野口雨情の生家近くの磯原海岸から見た現在の二つ島です。



↑ の巨大地震と大津波で島の上部を覆っていた樹木が岩ごと崩れ落ちてしまいました。

以前の姿はXiyaxin Black Wardrobe Drawer Handle, 8.15 inches Long, 7.56 inches Between Holes, 0.95 inches high酸素ポンプ 水槽用 ソーラーエアポンプ 24時間連続 充電式エアポンプ ソーラーポンプ AC/DC酸素ポンプ 低騒音 3ギア調整 太陽電池パ